太陽光発電の保険はお任せください。

太陽光発電の保険
2018年10月28日

ソーラーパネル等の太陽光発電の保険

ソーラーパネルは太陽の光を受けることで太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換を行うための装置であり、太陽光発電の要となる設備の一つです。

屋外、建物の屋上に設置をするため、落雷などによる被害を受けてしまう事も有ると言いますし、台風などの強風により落下して破損したり、積雪によりソーラーパネルが落下したり、積雪した雪が落下をした際に、直流の電気を交流の電気に変換するためのパワーコンディショナーが破損するなどの自然災害による事故が起きる事からもオーナーさんの多くは保険に加入をしていると言います。

太陽光発電と保険について


太陽光発電を導入する時に、一緒に検討しておいた方が良いのが保険です。
太陽光パネルが盗まれた場合に対する契約はしておきたいと考える人は少なくないでしょう。
ですが、それ以外にも、しておいた方が良い契約が、売電収入補償特約です。
様々なトラブルで売電収入が入らなくなった時、その収入が無くなる事で、返済に問題が起きる等、様々な問題に発展する可能性があります。
それを避けたいと考えた場合、売電収入補償特約に入っておく事がお勧めです。

太陽光発電は保険に入っていると安心


太陽光発電を設置するときには保険に入っておくと安心です。
通常は売却する電力には補償がないので、電力量がバラバラで売却できる料金の差も大きいです。
特約を付けることによって、天候などの不安定な発電量でも一定した料金を補償してくれます。
自然に優しいクリーンなエネルギーなのですが、故障や天候などで発電量に波があるので、事前に入っていることは重要です。
リスクを分散することによって安定した収入を得ることが可能です。


PageTop