太陽光発電の保険はお任せください。

太陽光発電の保険
2018年11月01日

産業用太陽光発電に必要な保険

産業用太陽光発電には必ずと言っていいほど保険が必要になってきます。
自然災害や泥棒などの被害に遭った時のためのものですが、産業用だと事故が起こった場合のリスクがかなり大きいです。
その時のために必要であり、もし事故で発電量が下がったり、システムが落ちたりしたら大きな損害を生み出してしまうでしょう。
その損害を少しでも軽減するために必要であり、ほとんどの業者では万が一の時の為に加入して、事故に備えています。

太陽光発電のもしもの時の保険


太陽光発電システムは近年一段と注目を集めていますが、災害などのトラブルが発生した際に売電収入が減少してしまうことがあります。こうした事態に対応しているのが、太陽光の売電収入保険です。
売電収入が得られなくなった場合、事業運営に支障をきたしてしまうこともあります。こうした場合に売買収入に関する保障があればリスクを軽減することができます。また、システム自体が被害を受けた際の保障とセットで申し込みすることもできますので、気になる方は電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

太陽光発電には保険が不可欠


太陽光発電のパネルは外に設置してあるので、例えば風・雪・ひょう・落雷などの自然災害で壊れる危険性があります。
メーカーが保証してくれていそうですが、保証があったとしても多くが機器そのものへのもので、実はほとんどの場合
自然災害には対応していないのです。
そこで設置者が独自に加入し、準備しておく事が不可欠です。
それによって安心して利用していくことができるようになります。
保険の内容にはいろいろな種類がありますから、相談して加入しておくといいでしょう。


PageTop